読書。SNS別著作権入門

井上拓「SNS著作権入門」(誠文堂新光社)を読みました。2022年刊

 

著者は東大卒の弁護士です。素晴らしい肩書ですね。羨ましい(笑)

 

著作権とは何ぞや?という話から、SNS別に著作権が問題となりそうな場面に関するQ&Aまで、これぞ「入門」という分かりやすい解説がなされた本でした。

 

ブログに本の表紙をアップしてもいいのかという問題についても解説されています。

 

ちなみに、本書では、「引用」ならいいけど、表紙の写真だけアップしているのはアウトだと解説しています。

 

他にもゲーム実況は違法なのか?とか、歌ってみた・踊ってみたは違法なのか?というよくあるケースについて分かりやすく解説されています。

 

難しい話は最小限に止めているので、法律を学んだことがない人でも簡単に読めますね。

 

全体で約150頁しかありませんから、ボリュームも程よい感じ。

 

1600円+税という価格もなかなか上手い(笑)

 

TwitterInstagramYouTubeTikTokFacebookが想定されていて、ブログに特化した解説はありませんが、それでもブロガーにも参考になる内容です。

 

はてなブログの規約をきちんと読んだことはありませんが、ブログの記事の著作権は、おそらく、我々ブロガーに帰属しているのではないかと想像しています。(間違っていたらごめんなさい。今度規約読んでみます。)

 

今の時代、身の回りは著作物だらけという状況です。法律関係の仕事をしているか否かに関わらず、一度、著作権について基本的な知識を確認してもいいかもしれません。

 

本書はオススメですよ。